山口北州印刷

印刷技術イメージ

水を全く使用しない(=ゼロ)印刷「ウォーターレス・プリンティング」を採用。時代の先を見据え、さらにくっきりと鮮やかな印刷と、環境への配慮を計っています。

印刷への思いを、美しさという結晶に。
こだわりと先進のテクノロジーで実現します。

印刷物は、精細な網点でできています。一般的なオフセット印刷の多くはスクリーンに175線が採用されていますが、ハイブリッドスクリーン印刷では300線以上の高精細印刷が可能。ざらつきのないなめらかな美しさを再現するほか、細かな文字の再現性も格段にアップしています。さらに弊社では水なし印刷との組合せにより、インキ量の削減や乾燥時間の短縮、見当精度の向上などのメリットがあります。


H-UV印刷 [Hybrid UltraViolet Printing]

弊社の主力機であるH-UV(ハイブリッドUV)印刷機は、乾燥時間がゼロ。速乾性に優れているため従来のような"乾き待ち"が無く、大幅な時間短縮を実現、スピーディな完成が可能なことも弊社の特徴です。


PQA-S[インライン枚葉機用印刷品質検査装置]

インライン検査

PQA-Sは、全シートを同じ判定基準で検査することにより、高レベルの品質管理を実現するシステム。汚れ・インキ飛び・水たれ・油汚れ・色ムラなどをチェックし、排紙部のテープインサーターなどを自動的に作動させ、印刷中の損紙の連続印刷や後工程への損紙混入を防ぎます。


水なし印刷 [Warterless Printing]

弊社では、水を全く使用しない水なし印刷「ウォーターレス・プリンティング」を採用しています。紙の伸縮が抑えられる他、くっきりと鮮やかな印刷が可能で、弊社の主力製品である、薄手の紙を使用する手帳をはじめとしてさまざまな印刷物に活かされています。水なし印刷を行っている印刷会社は日本でもまだ数%ですから、時代に先駆けて導入しているといえます。また、アメリカ・シカゴにおいて発足したIWPA(International Waterless Printing Asociation)の日本支部である一般社団法人日本WPAにも加入し、厳しい世界基準に基づいた印刷を実現しています。環境への優しさなどメリットも計り知れません。


環境保全のシンボル、美しいバタフライ。

バタフライマーク

弊社は「一般社団法人 日本WPA」に加盟し、環境保全に積極的に取り組んでいます。会員に与えられるバタフライロゴの美しい蝶の名は"オオカバマダラ"。環境のリトマス試験紙とまでいわれるほど環境に非常に敏感で、公害などの影響により生息域も年々少なくなっています。


適切な森林管理から始まる、エコロジー。

FSC森林認証

弊社は、国際的に認証された管理体制のもとに生産と伐採の需給バランスが保たれた森林からとれるパルプのみを材料として製造された認証紙を扱う「FSC森林認証」を取得しています。厳しい管理体制を確立した印刷会社などにのみ与えられる、環境保全を担う姿勢と社会的責任の証です。