山口北州印刷

データ入稿について

念入りに、そして確実に。
お客様の大切なデータをガードしています。

弊社では、お客様の大切なDTPデータを4重のデータバックアップで守っています。制作進行中のDTPデータは専用の"RAID6制作データサーバー"に毎日バックアップされ、これに同期サーバーを接続し24時間同期させています。また、同時に本社基幹サーバーと東京支店データサーバーへも自動バックアップが設定されています。さらに保存指示の校了データはDVDメディアにも記録保管されます。貴重な資産であるデータをしっかりと保護することは、弊社の使命でもあるのです。


データ入稿のトラブル防止のために。

DTPの普及に伴い、いまやデジタルデータによる入稿がかなりの割合を占めています。しかしその一方で、データを制作している側とデータを受ける側の環境の違いが原因で引き起こされるトラブルも少なくありません。その他にも設定ミスやバグによるもの、データ作成上のミスによるトラブルなどがあります。このようなトラブルを回避するために、「文字」「図形」「画像」「組版」それぞれのデータの入稿にあたっての基本的な注意点をご説明します。
なお、データ入稿にあたっては、「データ入稿シート」のPDFをダウンロードの上、必ずご記入いただきますようお願いします。
仕様については入稿シート内の説明をご参照ください。
データ入稿シートをダウンロード(PDF)

展示会の出展エントリーから原稿回収までをインターネット上で。
ペーパーレスの原稿入稿・校正を実現。

Web入稿システム

各種展示会に付き物なのが「出展ガイドブック」。これまで、ガイドブック印刷のために主催者と出展者との間では「出展の申し込み」「原稿や校正のやりとり」は郵送やFAXが一般的でした。限られた時間の中で「出展者が決まらない」「原稿が届かない」「校正が戻ってこない」といったトラブルも多かったことでしょう。当社が開発した「Web入稿システム」は、出展エントリーから原稿回収までをインターネット上で行うシステム。エントリー手続きをした企業にIDとパスワードを付与し、専用ホームページから入力していただいたテキストデータと添付された画像データが、そのまま印刷物の原稿として使用されます。単なる電子メールの送受信とは異なり、セキュリティ対策も万全ですので、展示会前に製品情報が外部に漏れる心配もありません。


Web入稿システムのデモを体験する

情報の高速化・大容量化に対応。
セキュリティ面も安心、山口北州印刷のデータ送信システム。

Web Express

「Web EXPRESS(ウェブ・エクスプレス)」は、弊社がお客様に無料でご提供する、インターネットを利用した大容量データ送受信システム。一般的な電子メールの添付ファイルでは一度に数MB(メガバイト)程度の送受信しかできませんが、Web EXPRESSなら1送信あたり最大100MBまでの送受信が可能です。文字原稿や写真原稿などのデータ、印刷用DTPデータ、資料・見本などのデータの送受信にご利用いただけます。お客様のデータは、当社がお客様専用に発行するユーザーIDとパスワード、およびSSL(Secure Socket Layer)v3による128ビット暗号化通信により保護されますので、セキュリティも安心です。


Web Expressのデモを体験する